OSAKA UNIVERSITY 大阪大学 WHAT'S NEW サイトマップ アクセス ENGLISH
生物工学国際交流センターとは
組織
東南アジア研究拠点
MU-OU CRC
分子微生物学 研究室
藤山 研究室
国際協力事業
研究教育
MU-OU CRC
MU-OU CRC
刊行物
内部専用
MU-OU CRC
MU-OU CRC
TOPICS
Updated on March 1 2019

生物工学国際交流センター 教員(助教)公募のお知らせ

生物工学国際交流センターでは助教1名を公募します。

【所属】 大阪大学 生物工学国際交流センター
【職名】 助教
【専門分野】 応用微生物学、糖鎖工学、生物工学
詳細はこちら

Updated on February 22 2019

バイオテクノロジー分野におけるグローバル人材育成
のための第8回産学連携懇談会を開催しました

バイオ産業界でご活躍の方々に対して、大阪大学・生命先端工学専攻 (生物工学コース) に在籍する東南アジアの学生を紹介し、本学における国際人材育成の活動をご理解いただき、講演会や交流会を通じて学生へのご指導や大学に対するご助言・ご協力をいただくことを目的としています。

【開催日時】 平成31年2月1日 (金)
【開催場所】 大阪大学・生物工学国際交流センター
【セミナー】
アサヒグループホールディングス株式会社前代表取締役副社長の川面 克行氏を講師にお迎えして特別講演を開催しました。
詳細PDF
ご多忙の中、10社様より御出席を賜り、盛況のうちに閉会することができました。誠にありがとうございました。
興味をお持ちいただけましたら、info_icbio@icb.osaka-u.ac.jpまでご連絡ください。
過去の産学連携懇談会はこちら(平成30年1月開催)

過去のトピック一覧 | ページTOP
WHAT'S NEW
2019.3.15 平成31年度「海外フィールドスタディS」の募集

生物工学国際交流センターでは「海外フィールドスタディS」の平成31年度募集を開始しました。 生物多様性とバイオテクノロジーの研修に興味のある方を歓迎します。
履修申込み締切り:2019年4月19日(金)17時
募集要項(PDF)    履修申込書(WORD)

2019.3.14 セミナー

クロス・アポイントメント制度によるセンター特任准教授のJigjiddorj, Enkh-Amgalan 先生(モンゴル・Institute of General and Experimental Biology, Mongolian Academy of Sciences)によるセミナーが開催されました。Enkh先生は、UNESCO研修生で、かつICBiotechでの研究で博士を取得されました。
日時: 3月14日(木)13:30-14:30
場所: 生物工学国際交流センター 4階セミナー室(α401)
演題:Exploring microorganisms in Mongolia:diversity, conservation, and utilization 写真

2019.3.11 博士論文公聴会

博士課程(後期)の学生1名の博士論文公聴会が行われました。 写真

2019.3.4 来訪者

タイより第4グループの1名が来日し、「バイオ産業と生物多様性」プログラムでの研修を 開始しました。内山研にて約1ヶ月間研究されます。
来訪者;マヒドン大学(1名)  

2019.3.1 来訪者

モンゴル・Institute of General and Experimental Biology, Mongolian Academy of Sciences より クロス・アポイントメント制度による特任准教授のJigjiddorj, Enkh-Amgalan 先生が当センターに来訪し、藤山研にて約1ヶ月間研究されます。

2019.3.1 メンバー紹介

本日より藤山研の技術補佐員として菊池さんにお越し頂きました。 よろしくお願いします。

2019.3.1 公募情報

生物工学国際交流センターでは教員(助教)を公募します。詳細はこちら

2019.2.25 来訪者

タイ・マヒドン大学の学生1名が、国際インターンシップ研修のもと来訪し、約3ヶ月間藤山研で研究されます。

2019.2.22 更新情報

「組織」のページの「招へい教員」を更新しました。

2019.2.19-20 修士論文発表会

修士課程の学生9名の修士論文発表会が行われました。  写真

2019.2.7 報告会

日本学生支援機構海外留学支援制度(ダブル・ディグリープログラム促進プロジェクト) で来訪のタイ・マヒドン大学の学生1名の研修修了報告会が行われました。 写真

2019.2.7 報告会

平成30年度日本学生支援機構海外留学支援制度(協定受入)の第3グループの研修修了報告会が行われました。 写真

2019.2.7 セミナー

センター招へい准教授の古園さおり特任准教授(東京大学 生物生産工学研究センター)によるセミナーが開催されました。
日時: 2月7日(木) 13:30-15:00
場所: サントリーメモリアルホール C3-531
演題:Protein lysine acylation in bacteria: a potential impact on metabolism 写真

2019.2.6 セミナー

センター招へい教授の五十嵐康弘教授(富山県立大学)によるセミナーが開催されました。
日時: 2月6日(水) 10:30-12:00
場所: サントリーメモリアルホール C3-531
演題:Natural product research from microorganisms of tropical and marine origins 写真

2019.2.1 セミナー

川面克行氏(アサヒグループホールディングス株式会社前代表取締役副社長)によるセミナーが開催されました。
日時: 2月1日(金) 13:45-14:30
場所: サントリーメモリアルホール C3-531
演題:理系の人間が企業の中でどう生きるか? 写真

2019.2.1 産学連携懇談会

第8回バイオテクノロジー分野におけるグローバル人材育成についての産学連携懇談会を開催しました。 バイオ産業界よりご出席いただきました講師の先生方のご講演や交流会を行いました。 詳細スケジュールはこちら←クリック

2019.1.30 更新情報

JST科学技術振興機構さくらサイエンスプランのページを更新しました。

2019.1.22 更新情報

「TOPICS」にセミナーのお知らせを掲載しました。

2019.1.21 来訪者(JSTさくらサイエンスプラン)

センター主催の「さくらサイエンスプラン」(JST)プログラムが始まりました。
参加者;ブルネイ(1名)、カンボジア(1名)、インドネシア(1名)、ラオス(1名)、マレーシア(1名)、 モンゴル(2名)と台湾(3名) 以上合計10名  写真

2019.1.8 更新情報

「組織」のページの「センタースタッフ」を更新しました。

2019.1.8 来訪者

タイ・マヒドン大学の学生1名が、日本学生支援機構海外留学支援制度 (ダブル・ディグリー・プログラム促進プロジェクト)のもと来訪し、約1か月間研究されます。

2019.1.8 来訪者(日本学生支援機構海外留学支援制度)

平成30年度日本学生支援機構海外留学支援制度(スーパーグローバル大学枠) 奨学金のもと、タイとフィリピンより第3グループの3名が来日し、 「バイオ産業と生物多様性」「ASEANバイオテクノロジースクール」プログラム での研修を開始しました。 藤山研と合成生物工学領域にて約1ヶ月間研究されます。
来訪者;チュラロンコーン大学(1名)、カセサート大学(1名)、UPLB(1名) 写真

◆応用生物工学科目・学部3年生の皆様へ◆

生物工学国際交流センターには、2つの研究室があります。
詳しくは各ホームページへ!
 → 分子微生物学研究室 Click Here!
 → 応用微生物学研究室(藤山研究室) Click Here!
過去のニュース 2018年
過去のニュース 2017年
過去のニュース 2016年
過去のニュース 2015年
過去のニュース 2014年
過去のニュース 2013年
過去のニュース 2012年
過去のニュース 2011年
過去のニュース 2010年
過去のニュース一覧(詳細:写真付) | ページTOP
お問い合せ
大阪大学 生物工学国際交流センター
 〒565-0871 吹田市山田丘2−1
 TEL: 06-6879-7455 /FAX: 06-6879-7454
国際協力事業

お問い合せ
大阪大学
生物工学国際交流センター

〒565-0871
  吹田市山田丘2−1
TEL: 06-6879-7455 
FAX: 06-6879-7454
リンク
Google

WWW を検索
icb.osaka-u.ac.jp を検索