OSAKA UNIVERSITY 大阪大学 WHAT'S NEW サイトマップ アクセス ENGLISH
生物工学国際交流センターとは
組織
東南アジア研究拠点
MU-OU CRC
仁平 研究室
藤山 研究室
国際協力事業
研究教育
MU-OU CRC
MU-OU CRC
刊行物
内部専用
MU-OU CRC
TOPICS
Updated on June 24 2016

バイオテクノロジー分野におけるグローバル人材育成
のための第5回産学連携懇談会を開催しました

 バイオ産業界でご活躍の方々に対して、大阪大学・生命先端工学専攻 (生物工学コース) に在籍する東南アジアの学生を紹介し、本学における国際人材育成の活動をご理解いただき、講演会や交流会を通じて学生へのご指導や大学に対するご助言・ご協力をいただくことを目的としています。

【開催日】 平成28年5月18日 (水)
【開催場所】 大阪大学・生物工学国際交流センター
【懇談会】 15:00 - 19:00  

ご多忙の中、6社様より御出席を賜り、盛況のうちに閉会することができました。誠にありがとうございました。

興味をお持ちいただけましたら、info_icbio@icb.osaka-u.ac.jpまでご連絡ください。
過去の産学連携懇談会はこちら
   (平成28年1月開催) ←クリック
     (平成27年7月開催) ←クリック

過去のトピック一覧 | ページTOP
WHAT'S NEW
2016.12.7-8 来訪者

Rodriguez教授(Department of Molecular and Cellular Biology University of California, Davis)は、7日にG30学生に講義し、8日に学生との懇親会に参加されました。  写真

2016.12.5 来訪者

カリフォルニア大学東京スタディセンターから2名が当センターに来訪されました。
来訪者;Dr. Fabio Rambelli (Director)
高橋香世氏 (Manager)   写真

2016.11.18 季節だより

ぐっと寒くなり、日足がめっきり短くなりました。センター前の木々が鮮やかに紅葉しています。  写真

2016.11.18 来訪者

インドネシア・バンドン工科大学の2名が当センターに来訪されました。
訪問者;Prof. Ir. Hermawan Kresno Dipojpno, MSEE., Ph.D
Dr. Rizkita Rachmi Esyanti  写真

2016.11.16 来訪者(日本学生支援機構海外留学支援制度)

平成28年度日本学生支援機構海外留学支援制度のもと、タイより第3グループの10名が来日し、「バイオ産業と生物多様性」プログラムでの研修を開始しました。仁平研、藤山研、福崎研、渡辺研、合成生物工学領域にて約1ヶ月間研究されます。
来訪者;マヒドン大学(2名)、チュラーロンコーン大学(4名)、カセサート大学(2名)、モンクット王トンブリ工科大学(2名) 写真

2016.11.7 更新情報

JST科学技術振興機構さくらサイエンスプランのページを更新しました。

2016.11.10 日本学生支援機構海外留学支援制度の報告会

平成28年度日本学生支援機構海外留学支援制度(協定受入)の第2グループの研修終了報告会が行われました。  写真

2016.11.7 更新情報

日本学生支援機構海外留学支援制度のページを更新しました。

2016.11.1 懇親会

Konstantin Konstantinov先生 (平成3年ICBiotech卒)(Senior Vice President of Manufacturing and Process Sciences at Codiak Biosciences, Inc, USA)と当センター留学生との懇親会を行いました。  写真

2016.10.24 来訪者(JSTさくらサイエンスプラン)

JST 「さくらサイエンスプラン」のもと、ラオス、カンボジア、ブルネイ、モンゴル、台湾より10名の学生が当センターにてプログラム (10日間) に参加しました。  写真

2016.10.11 来訪者(日本学生支援機構海外留学支援制度)

平成28年度日本学生支援機構海外留学支援制度のもと、タイより第2グループの6名が来日し、「バイオ産業と生物多様性」プログラムでの研修を開始しました。藤山研、村中研、ゲノム機能工学領域、細胞動態学領域、合成生物工学領域にて約1ヶ月間研究されます。
来訪者;マヒドン大学(3名)、モンクット王トンブリ工科大学(2名)、 カセサート大学(1名) 写真

2016.10.7 日本学生支援機構海外留学支援制度の報告会

平成28年度日本学生支援機構海外留学支援制度(協定受入)の第1グループの研修修了報告会が行われました。写真

2016.10.3 学生配属

フロンティアバイオテクノロジー英語特別プログラム(英語コース)の学生が当センターの藤山研に2名配属されました。

2016.9.23 修士修了式(英語コース)

大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻の学位授与式が行われました。当センターの学生3名に修士号(フロンティアバイオテクノロジー英語特別プログラム(英語コース))が授与されました。  写真

2016.9.23 訪問者

フィリピン大学ロスバニョス校UPLB museum of natural history研究員のMarian Pulido-De Leon博士が当センターに来訪されました。Marianさんは2010年のUNESCOカンファレンスのメンバーです。  写真

2016.9.21 セミナー

生物工学国際交流センター客員研究員として滞在中のSriwan博士(タイBIOTEC)をメインスピーカーとし、生物工学コースのメタノール資化性酵母を研究されている先生方を交えて計4名によるICBiotechセミナーを開催しました。
日時:9月21日(水)14:00-15:50
場所:生物工学国際交流センター α401 詳細

2016.9.7 来訪者(日本学生機構海外留学支援制度)

平成28年度日本学生支援機構海外留学制度のもと、タイより第1グループの6名が来日し、「バイオ産業と生物多様性」プログラムでの研修を開始しました。仁平研、藤山研、ゲノム機能工学領域、渡邉研、細胞動態学領域、紀ノ岡研、大政研にて約1ヶ月間研究されます。
来訪者;マヒドン大学、モンクット王トンブリー工科大学、カセサート大学、チュラーロンコーン大学 写真

2016.9.1 来訪者

タイ・BIOTECのSriwan Wongwisansri博士が当センターに来訪し、藤山研に1ヶ月滞在し、金子先生とも約1ヵ月研究されます。 写真

2016.8.30 来訪者

インドネシア・ガジャマダ大学の2名の教員が当センターに来訪されました。
訪問者;Prof. Ir. Irfan Dwidya Prijambada (当センター海外客員教授)
Dr. agr. Ir. Sri Peni Wastutiningsih (Director) 写真

2016.8.22 インターンシッププログラム

ベトナムから2名が企業インターンシッププログラムにより当センターに来訪し、約2週間、民間企業で研究されます。

2016.8.9 更新情報

「刊行物」のページの「年次報告書」を更新しました。

2016.8.1 日本学生支援機構海外留学支援制度(協定派遣)

平成28年度日本学生支援機構海外留学支援制度(協定派遣)のもと、当センター主催のフィールドスタディ「生物資源と環境」(35名)に、当センターから修士1年生の15名が参加し、タイに滞在(8月1日〜9月5日)します。 前半は、全員がモンクット王トンブリ工科大学で同大学主催のプログラムに参加します。後半は、マヒドン大学(4名)、カセサート大学(6名)、モンクット王トンブリ工科大学(2名)、チュラロンコン大学(2名)、BIOTEC(1名)にて研究・実習します。

2016.7.19 インターンシッププログラム

ベトナムから2名が企業インターンシッププログラムにより当センターに来訪し、約1ヶ月の間、民間企業で研究されます。詳細

2016.7.15 UNESCO Biotechnology School in Asia 2014 修了証書授与

UNESCO Biotechnology School in Asia の大学院生(2015年8月プログラム開始)へ修了証書を授与しました。 写真

2016.7.13 セミナー

宇佐美 昭宏様(シスメックス株式会社 技術開発本部)によるセミナーが開催されました。
日 時:7月13日(水)14:30-16:00
場 所:大阪大学サントリーメモリアルホール
演 題:医療業界の変化と、診断薬企業側から見たカイコの魅力  写真

2016.7.12 訪問者

インドネシア・ガジャ・マダ大学のIr. Irfan Dwidya Prijambada教授が当センターに来訪されました。写真

2016.7.11 UNESCO Biotechnology School in Asia 2014 最終報告会

UNESCO Biotechnology School in Asia の大学院生(2015年8月プログラム開始)の最終報告会を行いました。 写真

2016.7.11 修士論文発表会(英語コース)

博士課程(前期)の大学院生3名(英語コース)の修士論文発表会が行われました。 写真

2016.6.30 来訪者

タイのキングモンクット工科大学トンブリ(KMUTT)より Asst. Prof. Anak Khantachawana(国際担当学長補佐)が当センターに来訪されました。 写真

2016.6.21 来訪者

タイ王国大阪総領事館のドゥシットメーナパン総領事とパヌワットプロムマノン領事が当センターに来訪されました。 写真

2016.5.26 来訪者

タイ国政府コンベンション&エキシビションビューロー(TCEB)の グループが来訪されました。
訪問者;Vichaya Soonthornsaratoon氏(Director)、
Orcha Israpratiprat氏(Senior manager)、 金田翔吾氏(Project manager) 写真

2016.5.18 産学連携懇談会

第5回バイオテクノロジー分野におけるグローバル人材育成についての 産学連携懇談会を開催しました。バイオ産業界よりご出席いただきました 講師の先生方のご講演や交流会を行いました。

2016.5.16 更新情報

「組織」のページの「センタースタッフ」を更新しました。

2016.4.21 UNESCO Biotechnology School in Asia 中間報告会

UNESCO Biotechnology School in Asia プログラムで研修中の学生の中間報告会が開催されました。 写真

2016.4.5 新入生

仁平研究室:3回生(化学・生物学複合メジャーコース)1名、4回生5名と 修士1回生2名、藤山研究室:4回生6名と修士1回生1名が新たに配属されました。

2016.4.1 更新情報

「組織」のページの「センタースタッフ」と「招へい教員」を更新しました。

◆応用生物工学科目・学部3年生の皆様へ◆

生物工学国際交流センターには、2つの研究室があります。
詳しくは各ホームページへ!
 → 仁平研究室(分子微生物学研究室)Click Here!
 → 藤山研究室(応用微生物学研究室)Click Here!
過去のニュース 2016年
過去のニュース 2015年
過去のニュース 2014年
過去のニュース 2013年
過去のニュース 2012年
過去のニュース 2011年
過去のニュース 2010年
過去のニュース一覧(詳細:写真付) | ページTOP
お問い合せ
大阪大学 生物工学国際交流センター
 〒565-0871 吹田市山田丘2−1
 TEL: 06-6879-7455 /FAX: 06-6879-7454
国際協力事業

お問い合せ
大阪大学
生物工学国際交流センター

〒565-0871
  吹田市山田丘2−1
TEL: 06-6879-7455 
FAX: 06-6879-7454
リンク
Google

WWW を検索
icb.osaka-u.ac.jp を検索