グローバルビレッジ津雲台入居者募集案内

生物工学国際交流センターでは、大阪大学でのバイオテクノロジー研究の実施を目的とした短期留学生の受け入れ促進のため、
グローバルビレッジ津雲台の2ユニット(7人ユニット×2、男女各1ユニット、合計14戸)を借り上げ、低廉な価格での留学生への貸し出しを行っています。本ユニットのご利用を希望される方は、下記要項をご参照のうえお申込みください。

・本ユニットへの入寮は、大阪大学でのバイオテクノロジー研究を目的とした短期留学生を対象といたします。

・入寮は、生物工学国際交流センターが提供する短期留学プログラムへの参加学生が優先となります。
他部局・他プログラムの留学生は、生物工学国際交流センターのプログラム参加学生の入寮が決定した後、空室があった場合にのみ、ご入寮いただけます。

・入寮のお申込みは、入寮希望留学生の受け入れ教員から行ってください。学生本人からのお申込みは受け付けておりません。
ただし、入寮申込みに際して必要な誓約書(Pledge)は入寮者本人に自筆にて記入いただいたものをご提出ください。

・下記申込スケジュールをご参照のうえ、入寮希望月の応募期間内に必要書類をご提出ください。審査の上、応募期間終了後、約2週間を目途に受け入れ可否のご連絡をいたします。 (例:4月1日~30日の間に入寮を希望する場合、2月7日~14日の応募期間中に必要書類をご提出ください)

入寮希望月
継続希望月
新規入寮申請書 応募期間
継続入寮申請書 応募期間
結果通知時期
4月(2024年)2月7~14日2月下旬
5月3月7~14日3月下旬
6月4月7~14日4月下旬
7月5月7~14日5月下旬
8月6月7~14日6月下旬
9月7月7~14日7月下旬
10月8月7~14日8月下旬
11月9月7~14日9月下旬
12月10月7~14日10月下旬
1月 (2025年)11月7~14日11月下旬
2月12月7~14日12月下旬
3月1月7~14日1月下旬

8月入居希望者向け空室状況 (5月31日現在)

・お申込みは入寮月ごととなります。入寮月の末日を超えての滞在を希望する場合は、各月ごとに継続申請書をご提出ください。
ただし、在寮期間は入寮日から最長3か月間となります。
(例:4月1日~30日の間に新規入居の後、5月1日以降も継続して入居を希望する場合、3月7~14日の応募期間中に継続申請書をご提出ください)


【ダウンロード】

大阪大学グローバルビレッジ津雲台学寮生物工学国際交流センター借り上げユニット入寮案内

新規入寮申請書

継続入寮申請書

誓約書

学業成績係数確認票

【お申込み方法・お申込み先】

《必要提出書類》

新規入寮申込者
・新規入寮申請書
・誓約書
・入寮希望学生の送り出し大学での成績証明書(Certified Academic Records from the last school the applicant attended)※注1
・学業成績係数確認票
・英語能力を証明するもの(Certificate of English Proficiency)※注2

継続入寮申込者
・継続入寮申請書
・誓約書

※注1
(1) 修士課程修了者(見込み含む)は、学部および大学院の出身大学が発行する成績証明書を提出してください。
Applicants who (are expected to) have master’s degrees should submit Academic Records for both their bachelor’s and master’s degrees, certified by the universities the applicants attended.
(2) 成績証明書に評価が添付されていない場合は、別の書類として添付してください。
If there is no rating attached to the official transcript, please attach one as a separate document. e.g., ① A+ = 90% and above, A = 80% and above, B = 70% and above, C = 60% and above, D = 50% and above, F = fail ② 100-90 = Excellent, 89-80 = Very Good, 79-70 = Good, 69-60 = Satisfactory, 59-=Fail

※注2
(1) TOEFL, TOEIC, IELTS, TEAP, GTECもしくはCPEのスコアシートをご提出ください。
TOEFL, TOEIC, IELTS, TEAP, GTEC or CPE official test scores
(2) 学部または大学院での授業および試験の使用言語が英語であった場合は、これを証明する出身大学・大学院からの証明書。
Applicants who have completed an undergraduate or graduate degree program where the language of instruction and examinations were in English, an official statement from the school will be required, confirming the use of English as the language of instruction and examinations.

《提出先》

生物工学国際交流センター・グローバルビレッジ津雲台入居管理係」宛てにメールにてお申込みをお願いいたします。
宛先 : gv_icb@icb.osaka-u.ac.jp (件名に「(新規・継続)〇月分GV入寮申請」とご記載ください。)


生物工学国際交流教育研究事業へのご協力のお願い Donation Request for Biotechnology Education Promotion Project

生物工学国際交流センターでは、本学への留学生の受け入れ促進のほか、本学学生の海外派遣・留学支援、教育研究環境の整備、社会・地域活動支援の充実を目的に、大阪大学未来基金・特定基金のひとつとして「バイオテクノロジー教育促進事業」を実施しております。何卒、本事業の趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。詳細は下記ウェブサイトをご参照ください。

大阪大学未来基金 バイオテクノロジー教育促進事業(生物工学国際交流教育研究事業)

Copyright © International Center for Biotechnology
トップへ戻るボタン