東南アジア共同研究拠点(CRS)|大阪大学 生物工学国際交流センター

OSAKA UNIVERSITY 大阪大学 WHAT'S NEW サイトマップ ENGLISH
  1. HOME
  2. 東南アジア共同研究拠点(CRS)
生物工学国際交流センターとは
組織
仁平 研究室
藤山 研究室
東南アジア研究拠点
国際協力事業
研究教育
刊行物
内部専用
大阪大学未来基金

大阪大学生物工学国際交流センター 東南アジア共同研究拠点(CRS)

2002年(平成14年)に、マヒドン大学から研究施設などの提供を受けマヒドン大学理学部内に、東南アジア共同研究拠点(CRS)を開設した。日本学術振興会拠点大学プログラムなどによる東南アジア天然資源の持続的利用および生物遺伝資源の開発における現地共同研究を推進するために、日本人研究者および東南アジア研究者がCRSの設備を活用している。また大阪大学がタイ国大学と共同で運営しているサイバー講義プログラムのスクーリングにも利用している。更に、大阪大学の卒業生を支援するとともに、大阪大学の情報や入試情報を提供し、優れた学生・研究者の大阪大学への誘致などに貢献すべく準備を行っている。

同時に、マヒドン大学(MU)と大阪大学(OU)は、MU-OU バイオサイエンス・バイオテクノロジー共同研究センター (MU-OU CRC) 設立に同意し、両大学で活発に研究されているバイオサイエンス・バイオテクノロジー分野における研究協力を強化することとした。


活動

CRS設置機器

安全クリーンベンチ、4本キャピラリーDNAシークエンサー、分光光度計、高機能顕微鏡、HPLC、タンパク質自動精製装置、PCR用サーマルサイクラー、冷却遠心分離機、冷却微量遠心分離機、凍結乾燥機、大型クーリングチャンバー、恒温シェーカー各種、エバポレーター、超低温冷凍庫、オートクレーブ、乾熱器など
HOME